logo_LETsCAMP.png
logo_byRegie.png

信じる医療や暮らしを届けるために、

知識や技術だけじゃなく、

​自分を磨いていきたい。

2020年 8月 22 ~ 25  in 軽井沢

自分の信じる医療ケアを届けていきたい

想いある人たちのための リーダーシップCAMPが始まる。

Program Designed by

logo_SHIFT-x_wh.png

ORIGIN

なぜこのプログラムが生まれたのか?

理学療法士 川邊祐詩の体験から生まれたものでした。

何のために医療に携わるのか?

目の前の人のためにしたいことがあるのに、それを躊躇する自分がいた。

 

大学3年生の頃、自分の進む道に悩んでいる自分がいました。それは、病院にいることに違和感を抱きはじめたからです。

 

何がその違和感のきっかけだったかというと、ひとつには、病院実習で、あるおばあちゃんを担当させてもらったときのことが思い浮かびます。

100人の生徒を抱える日本舞踊の先生をされていた方だったのですが、僕が病院で出会ったときは、歩くこともほとんどできない状態で、踊ることも諦め、自信をなくされていました。

川邊 祐詩

理学療法士の資格を取得した後、医療者の想いを支援することに共鳴し、新卒でRegie に参画。

ですが、リハビリをお手伝いさせてもらう中で、少しずつ歩くことができるようになり、笑顔が増えていきました。きっとがんばれば踊りもできるようになるし、「おばあちゃん、また踊りたいんじゃないかな?」と思いました。

以前のように上手く踊れないことを気にされているんじゃないかなと直感的に思い、「一緒に踊りましょう」という言葉をかけたい衝動に駆られました。一緒なら、失敗や恥ずかしさも和らぐんじゃないかと。

でも、僕の中で「それは理学療法士の仕事じゃないし、実習でやることじゃない」という声が生まれ、そのときは踏みとどまったんです・・・・

DESIGN

どんな学びをデザインしていくのか?

プログラムデザインとファシリテーションを担う、学びのデザイナー 村上卓がこのCAMPの狙いを語ります。

オーセンティック・リーダーシップ ~本当の自分を生きる

「やりたいことをやる」こと、自分の想いを行動にしていくことは、人財開発の領域では、Authentic Leadership という言葉で表現されています。Authenticとは「本物である」「真正な」といった意味なので、直訳すると「本物のリーダーシップ」です。

逆説的に言うと、「管理者」「医者」といったポジションにある権威的パワーや、ロジックやプロトコルなどの客観論は、「自分ではないもの」による影響力であり、それは「本物のリーダーシップではない」ということです。

では、本物のリーダーシップとは何か?それは、「あなた自身がもつリーダーシップ」です。つまり、あなたの「内なる声」や、あなたの感情や感覚を活かしていくことです。

村上 卓 | プログラムデザイナー&ファシリテーター

SHIFT-x, Ltd.  CEO|HXデザイナー

​米国CTI認定プロコーチ CPCC

「海外ビジネス武者修行プログラム」や「SHIFT」などの海外プログラムの開発や、人財開発・組織開発コンサルタントとして活躍。

セルフ・リーダーシップ ~躊躇いの先に、自分を動かす

しかし、周囲の慣習や客観論を無視して、自分の想いにまっすぐになるのは、勇気がいるものです。「そんなことをしたら…」と、恐れが生まれ、踏み出すことを躊躇します。

この躊躇する自分を、一歩前に動かしてあげることが必要です。それが、自分をリードするということです。これを Self-Leadership と呼びます。他者に影響を与える前に、「リーダーシップは、自分から」です。

自分を大切にすることが、他者を助けることになる

人の育成や組織を支援する私の仕事は、他者の人生に関わる場面が多々あります。そういった場面では、「自分自身が、人生を自信をもって生きられているか」が、目の前の人を支援する力に影響してくると感じます。

他者の命、人生に関わっていくことの連続である、医療やケアの仕事もそうではないかと思います。

また、他者を助けるという意義深い仕事であるだけに、自分自身のことを犠牲にしてしまうかもしれません。ですが、自分の人生を大切にしている人が、人生の大切さをわかる。本当の自分を生きることが、他者を助けることになる。そう思えるようになってほしいと願っています。

PROGRAM

プログラム概要

DAY1|

旅立ち

「リーダーシップとは何か」、「どのようにリーダーシップを発揮すればいいか」を知ります。また、「なぜ自分は生きるのか」を問い、本当の自分を生きるリーダーとしての旅を歩きはじめます。

DAY2|

自分を生きる

他者を助ける

Ropes Courseと呼ばれる研修施設を使い、安全性が確保された環境下でチャレンジし、リーダーシップをトレーニングします。躊躇いを越え、自らをリードしていくことが問われる経験、他者が踏み出していくことを支援する経験を重ねます。

DAY3|

実社会での挑戦

軽井沢に生まれたまったく新しい医療ケアの場、診療所と大きな台所があるところ「ほっちのロッヂ」の共同代表 藤岡聡子さんのリーダーシップに触れる。その上で、軽井沢の町でそれぞれにリーダーシップを発揮し、実社会での壁を越えていく。

DAY4|

帰還

4日間のCAMPのまとめとなるリフレクションを行い、クロージングへ向かう。

また、自分の住む街へと帰り、これまでの環境においても歩みつづけていくための鍵を学ぶ。

FIELD

「ライジングライジング・フィールド軽井沢」がこのプログラムのベースキャンプです。

豊かな自然に囲まれ、充実した設備もあるグランピングサイトで、企業のオフサイトミーティングや、リーダーサミットなどでも使用されています。

関連リンク Rising Field Karuizawa HP

RISING FIELD KARUIZAWA

ほっちのロッヂ

& 軽井沢

「ほっちのロッヂ」は、軽井沢に新設された[診療所][通所介護施設][病児保育][訪問診療][訪問看護]の拠点。制度上はそうですが、「症状や状態、年齢じゃなくって、好きなことする仲間として、出会おう。」を合言葉に、「ケアの文化拠点」をつくろうとしている、まったく新しい医療ケアの場と人々です。

ほっちのロッヂにとって、軽井沢の「地域」そのものが医療ケアのフィールド。共同代表の藤岡さんとともに軽井沢の地域へ入り、実社会でリーダーシップを実践していきます。

診療所と大きな台所があるところ

GUIDELINE

募集要項

日程

2020 8 22土)~ 25(火)

※お休みの取れない社会人の方などについて、22~23日、22~24日のみの参加もご相談に乗ります。本プログラムのLINEよりお問い合わせください。

対象者

医療・介護福祉の領域で

● 働いている方(社会人)

● 学んでいる方(学生)

定員

16 

参加費用

プログラム費用

43,000 (税込)

宿泊等費用

55,000 (税込)

宿泊等費用に含まれるもの

プログラム参加者は、旅行サービスじぇぷとが手配する本宿泊プラン(研修施設利用料、各種キャンプ機材、食事、シャワー)に参加できます。

費用に含まれないもの

交通費(ライジング・フィールド、軽井沢町内へのアクセス)

開催地

ライジング・フィールド軽井沢

長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2129

 

および 軽井沢町内

キャンセル規定

COVID-19関連情勢による中止の場合は、全額返金。

その他のケースについては、弊社および旅行会社のキャンセルポリシーに基づき、プログラム初日から30日前以降はキャンセル料を申し受けます。キャンセルポリシー詳細については、お問い合わせいただくか、お申し込みフォームに記載しております。

APPLY

興味を持たれた方は

オンライン説明会で、何でも気軽に質問ください。
日程が合わない方は、LINEお問い合わせをいただければ、別途ご案内いたします。

参加申込みフォームに入力いただき、お席を確保ください。

REGIE_医療者の想いを支援する_w.png

株式会社 REGIE

東京都北区王子1丁目14-12

03-6822-5514

  • Twitter_Regie
  • Instagram_Regie
  • Facebook_Regie

©2020 All rights reserved by REGIE Inc.